TEL:042-676-0335

先週の金曜日、鈴鹿サーキットで行われた新型CBR1000RR-Rの勉強会が行われました

今日はサーキットといえば私納谷がレポートしたいと思います。

 

軽量コンパクト、レースで勝つためだけに開発された新型CBR1000RR-R ファイヤーブレード

下の今年チームHRCで全日本を戦った現行モデルベースのマシーンと比べても、さらに戦闘的なデザインです!

 

 

ド真ん中にデカデカと開いたラムエアーダクトが高速時のパワーを生み出します

サイドカウルのダクトの中には、モトGPマシーン同様に3枚のウイングが付き、ダウンフォースを生み出します

それにより、スピードが出たときやブレーキング時の安定感が抜群に良くなります。

 

SPタイプにはオーリンズの電子制御サスペンションにブレンボのABSブレーキが標準で装着しております

憧れのパーツが最初から付いているなんて凄い時代が来ましたね!

 

リヤももちろんオーリンズしかも電子制御!

 

そしてなんと! マフラーがはじめからアクラポビッチ製!!

高回転回したときの音はレース用のマシーンそのままでしたよ!

 

リヤタイヤはスーパーバイクレースでは流行の200サイズを装着しております

 

最高出力218馬力を生み出します新設計エンジン

豪華にチタンコンロッドを使用。新設計セミカムギヤトレインの構造が意外とシンプルですね!

 

下が今年HRCチームが参戦したワークスマシーンCBR1000RR

とてもカッコいいけど、すでに古さすら感じてしまうのは私だけでしょうか?(笑)

 

そしてポジションを確かめて見るべく・・・・

ナント! 生まれて初めてヒジを擦りましたwww

 

これ以上のお話は、発表前なので、ネットに上げたらホンダさんにめちゃくちゃ怒られます

詳しいお話は店頭でゆっくりとお聞かせいたします!

なぜ鈴鹿サーキットまで行きレーシングスーツを着ているのか? 勘の良い方は分かりますよね?・・・

 

さて次の日曜日はバイト忘年会です!

みなさんプレゼント交換の準備は大丈夫ですか?

バイトからも豪華な景品を用意しました! 今から楽しみですね!

あと数名でしたら、空きがございます。

参加希望の方はお早めに申し込みくださいませ。

 

 

こちらの商品に対するご購入希望やご質問・お問い合わせは以下フォームよりお送りください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ内容
お名前必須
フリガナ
メールアドレス必須
住所

電話番号
FAX
お問い合わせ・ご相談内容など
お気軽にお書きください
最終確認必須
プライバシーポリシーを確認しました